エネルギー・資源学会
サイト内キーワード検索
トップページ サイトマップ Eメール お問い合わせ

エネルギー・資源学会とは
学会紹介English
会長からのメッセージ
定 款
社員総会
学会組織
事務局所在地
お問い合わせ
行事案内・研究発表会論文募集
行事案内
研究発表会・コンファレンス
研究発表申込
(テンプレートダウンロード)
会誌「エネルギー・資源」
最新号目次
会誌本文(会員限定)
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
電子ジャーナル「エネルギー・資源学会論文誌」
論文目次・内容
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
各種申込
会員入会申込
行事申込
メールニュース(無料)
ID/Password配信申込
学会活動
行事報告
研究発表会・コンファレンス
サマーワークショップ
研究プロジェクト
各賞表彰制度
過去の行事一覧
会誌「エネルギー・資源」
総目次
刊行物のご案内
関連機関
リンク/各種募集
 
著作権・複写権について
 
個人情報取扱いについて

 

<発表者の皆様へお知らせ>

◆講演論文提出につきまして◆

原稿提出締切:11月30日(金)

原稿送信要領

 

・執筆要項(テンプレート)を使用して作成のうえ、PDFファイルにした原稿をメールに添付し送付するか、CD-ROMなどで事務局まで郵送ください。

*執筆要項(テンプレート)は、10/24送信のメールをご確認ください。本会ホームページ【行事案内・研究発表会論文募集】の項の「研究 発表会・コンファレンス研究発表申込(テンプレートダウンロード)」からも入手可能です。

・ファイル名は「(発表番号)氏名」としてください。

例)「(1-1)資源花子」

*発表番号は、事務局より送付するプログラムを参照ください(プログラムは11月刊行予定の「エネルギー・資源」11月号、本会ホームページにも掲載)。

・メールでの原稿提出の際、メールの件名を「(発表番号)氏名」(エネルギー・資源学会論文誌の研究論文として同時投稿する場合は「(発表番号)氏名(同時投稿)」)としてください。

例)
(同時投稿なしの場合)「(1-1)資源花子」
(同時投稿ありの場合)「(1-1)資源花子(同時投稿)」


原稿作成について
 

・原稿の体裁を統一するため、以下の点に留意して原稿を作成ください。

◆フォントはMS明朝(但し、見出し(章・節/図表)はMSゴシック)、句読点は「,」(カンマ)「.」(ピリオド)とする

◆論文題目(和文、英文)、著者名(共著者含む)を上部に記載し、左下には所属を必ず記載する

◆著者と著者の間は「・」で区切る

◆英文タイトルの単語の先頭は全て大文字(ただし、文中の冠詞、前置詞、接続詞を除く)

◆本文と所属欄の間には罫線を入れる

◆本文の最後は左右の段を揃える

◆原稿分量は、口頭発表のみの場合2〜6頁、エネルギー・資源学会論文誌の研究論文として同時に投稿する場合5〜10頁とする

◆原稿は、カラーも可とするが、アニメーションは挿入不可


◆プログラムの変更につきまして◆

発表プログラムは会誌11月号、ホームページに掲載済みですが、都合により、下記のとおりプログラムを変更いたします。ご了承ください。

(変更前)
1-1  
エネルギーネクサスとモデリング課題
○黒沢 厚志,加藤 悦史(エネルギー総合工学研究所)
2-1  
再生可能エネルギーを導入した街区における電力需給の最適化
○北沢 雅光,吉田 好邦,松橋 隆治(東京大学)
5-3  
民生機器の電化による様々な配電エリアにおける残余電力負荷の変化
○松木 徹哉,今中 政輝,栗本 宗明,杉本 重幸,加藤 丈佳(名古屋大学),國井 康幸(中部電力)
16-2  
2050年における太陽光・風力発電の導入可能量推計の基礎的検討
○尾羽 秀晃(電力中央研究所)
 
(変更後)
1-1  
エネルギーネクサスとモデリング課題
○加藤 悦史,黒沢 厚志(エネルギー総合工学研究所)
2-1  
民生機器の電化による様々な配電エリアにおける残余電力負荷の変化
○松木 徹哉,今中 政輝,栗本 宗明,杉本 重幸,加藤 丈佳(名古屋大学),國井 康幸(中部電力)
5-3  
再生可能エネルギーを導入した街区における電力需給の最適化
○北沢 雅光,吉田 好邦,松橋 隆治(東京大学)
16-2  
発表中止

 


Copyright(c) Japan Society of Energy and Resources. All Rights Reserved.