エネルギー・資源学会
サイト内キーワード検索
  トップページ サイトマップ Eメール お問い合わせ

エネルギー・資源学会とは
学会紹介English
会長からのメッセージ
定 款
社員総会
学会組織
事務局
行事案内・研究発表会論文募集
行事案内
研究発表会・コンファレンス
研究発表申込
(テンプレートダウンロード)
会誌「エネルギー・資源」
最新号目次
会誌本文(会員限定)
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
電子ジャーナル「エネルギー・資源学会論文誌」
論文目次・内容
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
各種申込
会員入会申込
行事申込
メールニュース(無料)
ID/Password配信申込
学会活動
行事報告
研究発表会・コンファレンス
サマーワークショップ
研究プロジェクト
各賞表彰制度
過去の行事一覧
会誌「エネルギー・資源」 総目次
刊行物のご案内
関連機関
リンク/各種募集
 
著作権・複写権について
 
個人情報取扱いについて

リンク

団   体




大学研究室



報道・出版



他団体ニュース

◆◆他団体行事◆◆
近畿化学協会 近化資源セミナー
  「これからの海洋資源と産業への応用〜日本が資源大国に!?〜」
  (2017/6/28、大阪) 詳細

再生可能エネルギー協議会 第12回再生可能エネルギー世界展示会
  (2017/7/5-7、横浜) 詳細

日本エネルギー学会  第26回日本エネルギー学会大会
  (2017/8/1-2、名古屋) 詳細

BECC JAPAN 2017
  (2017/9/5-6、東京) 詳細

日本燃焼学会 第55回燃焼シンポジウム
  (2017/11/13-15、富山) 詳細

◆◆他団体公募案内・その他お知らせ◆◆

名城大学 理工学部環境創造学科(エネルギー・資源循環分野) 准教授の公募

1.職名および人数 准教授 1名
2.所属 環境創造学科
3.研究分野 総合工学、材料工学など
4.担当授業科目 (1)新カリキュラムへの移行完了までは、現行カリキュラムの科目(流体力学、環境計測学、地域環境調査実習、環境創造学実験など)を担当する。
  (2)新カリキュラムに移行後は、省エネルギー学、エネルギー管理工学、環境エネルギー変換工学、エネルギープロセスシステム設計のうち2科目以上、地域環境調査実習、環境創造工学実験などの科目を担当する。
  (3)専門分野の大学院の講義、研究指導
5.応募資格 (1)着任時、博士の学位を有すること
  (2)エネルギー・資源循環分野について十分な学識と幅広い視野を持ち、教育研究経験を備えている方
  (3)学生の教育・研究指導に熱意を持って携わることのできる方
  (4)学科・大学院専攻の運営に積極的に取り組める方
6.着任時期 2018(平成30)年4月1日
7.提出期限 2017(平成29)年7月31日(月)必着
8.必要書類 (1)個人調書・教育研究業績書(所定の様式)
WORD  PDF   記入例
  (2)主要な論文等の別刷5編(コピーも可)
  (3)教育に対する抱負1通(A4用紙で1,000字以内)
  (4)研究に対する抱負1通(A4用紙で1,000字以内)
  (5)本人の教育・研究能力をよく理解されている方の推薦状1通(A4用紙に1枚程度)
  (6)写真1枚(縦4cm×横3cm)  ※裏面に氏名をご記入ください。
  (7)連絡先(勤務先・自宅・携帯電話番号・電子メールアドレスなど)
9.選考内容 ・学科内で審議選考し、理工学部教員資格審査教授会の議を経て、決定します。
  ・選考の過程で、面接などをお願いすることがあります。
  ・面接時など、来校の旅費は支給されませんので、ご了承下さい。
  ・採用結果は本人にお知らせします。
10.応募書類送付先 〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口一丁目501番地
  名城大学理工学部環境創造学科 学科長 道正 泰弘
  ※「理工学部環境創造学科教員応募書類(エネルギー・資源循環分野)」と朱書きのうえ、書留郵便で送付して下さい。また、応募書類は、原則として返却しません。
11.連絡・問い合わせ先 名城大学理工学部環境創造学科 学科長 道正 泰弘
  E-mail: dosho[a]meijo-u.ac.jp
*[a]を@にしてください。
  TEL:052-832-1151(内線5949もしくは5879:学科事務)
12.その他 ・本採用の勤務形態は常勤(定年65歳)です。
  ・個人情報は、学校法人名城大学の定める「個人情報の適切な取り扱いに関する規定」に従い、本採用人事のみに使用し、他の目的のためには一切使用しません。
  ・現行カリキュラム及び新カリキュラムの情報は、以下のwebページに掲載されているので、参照して下さい。
 
  環境創造学科カリキュラム
 
  環境創造学科新カリキュラム
 

 

広島修道大学 教職員公募 「資源・エネルギー論」

主要担当科目   「資源・エネルギー論」
採用職名 助教(3年任期)
ただし、就任2年目の1月までに期間の定めのない専任教員として再契約を申し込むことができます。その際はあらためて業績等の審査を行います。
採用人数        1名
応募資格 (1)大学院博士後期課程の単位取得あるいはそれと同等以上の方
  ※2018年3月31日末までに取得見込みの方も含む。
(2)「資源・エネルギー論」及びその関連科目を担当可能な方
(3)ゼミナール科目、初年次教育等を担当できる方
(4)採用後は、広島市またはその近郊に居住できる方
採用時期       2018年4月1日
応募締切         2017年7月31日(月)必着
提出書類 (1)履歴書(写真貼付、所属学会名明記、別紙様式)
(2)教育研究業績一覧(主要な業績3点を明示、別紙様式)
(3)著書、論文などのうち、主要な3点(現物、抜刷またはコピー)
(4)学位取得証明書または単位取得証明書(いずれも見込み証明書を含む)
(5)研究概要及び今後の研究計画(様式自由、A4で1枚)
(6)教育についての考え方を述べたもの(別紙様式)
(7)主要担当科目の講義計画(大学1〜2年生を対象とする科目とし、半期15回分)(別紙様式)
選考方法 1次審査 書類・業績審査(応募者全員対象)
2次審査 面接 (1次審査通過者のみを対象とし、模擬講義を含む。)
※全ての選考が終了後、合否の通知及び応募書類の返却をおこないます。
待遇等 (1)給与  本学園給与規程による
※学歴、教歴、職歴を換算して決定します。
(2)本学の定年 67才
(3)各種保険  社会保険、雇用保険、労災保険あり
書類提出先 〒731−3195 広島市安佐南区大塚東一丁目1番1号
広島修道大学 人事課気付  人間環境学部長 中園 篤典 宛
*応募書類は簡易書留とし、封筒に「資源・エネルギー論 教員応募」と朱書してください。
*別紙様式は下記添付書類からダウンロードできます。
*応募書類は採用選考のみに使用し、それ以外の目的には一切使用いたしません。
問い合せ先 広島修道大学 人事課
Tel 082-830-1105(直通)
Fax 082-830-1325
e-mail:jinji[a]js.shudo-u.ac.jp
*[a]を@にしてください。


九州大学 エネルギー研究教育機構 教員公募 (再公募)

*** 国際公募のため、英語表記が先になっています***

Professor Positions, Kyushu University Platform of Inter / Transdisciplinary Energy Research


Outline: Kyushu University established a new institution, the Kyushu University Platform of Inter / Transdisciplinary Energy Research, on October 1, 2016. There is a Professor position available in Transdisciplinary Energy Science and Education Program for humanities and social sciences. (Reopening of recruitment closed in Jan. 2017)

1. Number of Position Opening:
1 Professor (tenured)

2. Institution:
Kyushu University Platform of Inter / Transdisciplinary Energy Research

3. Research Fields and Educational duties:
<Professors (tenured)>
Transdisciplinary Energy Science and Education:
Development of "Transdisciplinary Energy Science and Education Program" for humanities and social sciences. The applicant is expected to establish the education program with each graduate/undergraduate school, based on energy-related research activities.
The applicant is expected to have experiences in the following fields:
Pertinent academic fields: economics, law, sociology, sociology of law, policy science, sociology of education, energy economics, resource economics, environmental economics, environmental system, environmental policy, management engineering, social engineering, social systems theory, behavioral economics, behavioral science, social psychology
Keywords of specialized fields: energy, energy industry, energy market, energy prices, economic efficiency, innovation, law and economics, natural resource exploitation, sustainable development, environmental regulations, environmental policy, energy・environment・economic model, common property issues (sociology), social dilemma, group decision making, crowd behavior, social norm

4. Educational duties
The applicant will also contribute to education in an energy-related graduate school / department, by taking into account the research field of each applicant.

5. Qualifications:
Applicant must have a Ph.D degree or equivalent qualifications, have experiences in requested research fields, and have research and education skills on the undergraduate and graduate levels.

6. Date of Appointment:
As soon as possible.

7. Employment Duration:
1 Professor (tenured): Full-time. The term of contract is up to the mandatory retirement age of 65.

8. Required Documentations (provide all in Japanese or English):
1) Resume/CV including contact address (telephone numbers and e-mail address).
2) List of research achievements (including lists for peer-reviewed journal paper, conference proceedings, books, reviews, scientific reports, patents, papers to be published and presentations etc).
3) Teaching experience including extension lectures at institutions and/or companies.
4) Affiliation and activities in academic societies, professional and outreach activities. Awards and other significant achievements should be stated.
5) List of public and private research grants awarded as the representing researcher.
6) Summary of your own research activities (2-3 pages, A4 or letter-size paper).
7) Future research plan (2-3 pages, A4 or letter-size paper.)
8) Reasons for applying and aspirations for education and research in Kyushu University (1 page, A4 or letter-size paper).
9) Reprints (or photo copies) of your five best papers or books.
10) References (at least three) including Name, title, affiliation, and contact information (e-mail address).
* When sending the documentations, clip or staple (1) to (10) individually.

9. Application Deadline:
Completed applications must arrive at Kyushu University by 17:00 June 19 (Monday), 2017 (Japan Time).

10. Evaluation Process:
Primary evaluation through application documents screening, followed by secondary examination(s) through an interview (including an oral presentation).

11. Address for submitting the application documentations and contact:
Promotion Office for Energy Research
Research and Industrial Collaboration Promotion Department Kyushu University
Motooka 744, Nishi-ku, Fukuoka, 819-0395, JAPAN
TEL:+81-92-802-6671 FAX:+81-92-802-6673 E-mail: enesuishin@jimu.kyushu-u.ac.jp
* All candidates must send one set of the printed documents and one CD-ROM containing the PDF files by a registered mail. Please use reliable postal services. “Application for a position of **field in Kyushu University” should be written in RED on the envelope.
* Submitted documents (except original books) will not be returned to the applicants.

12. Others:
For more information about this Energy Platform: http://q-pit.kyushu-u.ac.jp/en/
The appointee has teaching responsibility in related subjects in undergraduate and graduate programs. Evaluation at Kyushu University is based on the Equal Employment Opportunity.

九州大学 エネルギー研究教育機構 教員公募 (再公募)
九州大学は 2016 年 10 月に「エネルギー研究教育機構」を発足させ、大学を挙げて連携・学際融合分野のエネルギー研究を加速させます。なお、今回の公募は平成 29 年 1 月 16 日(月)期限の本機構専任教員(統合エネルギー教育/人文社会学系)採用の「再公募」となります。

1.募集人員:教授1名

2.所 属:九州大学 エネルギー研究教育機構

3. 研究分野:
【教授公募分野】 統合エネルギー教育分野:人文社会学系分野(エネルギー関連の先端研究に従事しながら、学部・学府横断 的に協力して学際融合連携を図る「統合エネルギー教育プログラム」の構築)
関連する学術分野: 経済学、法学、社会学、法社会学、政策科学、教育社会学、エネルギー経済学、資源経済学、環境経済学、 環境システム学、環境政策学、経営工学、社会工学、社会システム論、行動経済学、行動科学、社会心理学 専門分野キーワード: エネルギー、エネルギー産業、エネルギー市場、エネルギー価格、経済性、エネルギー政策、イノベーショ ン、法と経済、資源開発、持続可能な発展、環境規制、環境政策、エネルギー・環境・経済モデル、共有財 問題(社会学)、社会的ディレンマ、集団意思決定、群衆行動、社会規範

4. 教育分野:本人の希望も踏まえて、関連する学府・専攻での教育を担当していただきます。

5. 応募資格:博士の学位を有するか、博士相当の能力を有し、上記の研究分野において研究実績があり、 大学・大学院で研究・教育を行う能力を有する方。

6. 着任時期:採用決定後できるだけ早い時期

7. 任 期:教授1名:常勤(任期なし)

8. 提出書類:
(1) 履歴書(写真貼付、連絡先と E-mail を明記)
(2) 研究業績(学術論文、国際会議プロシーディングス、原著・編著書、総説・学術資料等、 発明・考案・特許等、その他(掲載決定論文、講演発表等)に分類)
(3) 教育実績(公開講座、社内教育等を含む)
(4) 学会および社会における活動等(所属学協会およびその学協会名、受賞歴ならびに特筆すべき事項等)
(5) 科学研究費等の競争的研究資金や共同研究・受託研究等資金の獲得状況(代表分)
(6) これまでの研究の概要(英語でA4版2〜3枚程度)
(7) 今後の研究計画(英語でA4版2〜3枚程度)
(8) 応募の動機と教育・研究に対する抱負(1000 字以内)
(9) 代表的な論文(または著書)の別刷り(5 編以内、各 1 部、コピー可)
(10) 応募者について意見を伺える方 3 名以上の氏名、所属および連絡先
※(1)から(10)の書類を各々ファイルして送ってください。

9. 公募締切:2017 年 6 月 19 日(月)17:00 必着

10. 選考方法:書類による一次審査後、面接(プレゼンテーションを含む)による二次審査を実施します。

11. 応募書類提出先および問合せ先:
〒819-0395 福岡市西区元岡 744 番地
九州大学研究・産学官連携推進部 エネルギー研究教育推進室
電話:092-802-6671、FAX:092-802-6673、
E-mail:enesuishin[a]jimu.kyushu-u.ac.jp  *[a]を@にしてください。
※「応募書類(統合エネルギー教育/人文社会学系分野)在中」と朱書し、簡易書留にて郵送 して下さい。提出物は、印刷原本一式と電子ファイル(PDF)一式を保存した CD-ROM。なお、 応募書類は返却いたしませんので、ご了承下さい(オリジナルの著書を除く)。

12. 備 考:エネルギー研究教育機構の詳細は http://q-pit.kyushu-u.ac.jp を参照下さい。採用者の専門分野に近い学府・専攻での資格審査の上、教育(講義,学生指導等)を担当していただく 予定です。九州大学は、男女共同参画社会基本法(平成 11 年法律第 78 号)、ならびに「障害者 基本法(昭和45年法律第84号)」、「障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和35年法律 第123号)」及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第6 5号)」の趣旨に則り、教員の選考を行います。


平成29年度「第9回とうきゅう環境財団 社会貢献学術賞」受賞候補者募集

1. 候補者対象
日本の環境分野において学術的かつ社会的に特に顕著な業績を挙げた研究者(個人・共同・団体、外国籍で国内で研究されている方、但し企業は除きます)。

2 .社会貢献学術賞
本賞1件賞状および賞金100万円。
* 受賞者は原則1件1人としますが、共同ならびに団体研究の場合においても1件として取扱います。

3. 推薦依頼先
環境に関連する研究者の所属する機関等に推薦をお願い致します。

4.応募期間および締切日
応募期間    平成29年4月1日〜8月31日
締切日(必着) 平成29年8月31日

5.提出方法
財団所定の推薦書用紙(下記推薦書)に必要事項を記載し、期日迄に当財団に郵送で提出して下さい。なお提出書類は返却いたしません。

6.選 考
当財団の選考委員会において選考の上、決定いたします。
選考結果は、平成29年10月初旬、推薦者・受賞者に通知いたします。

7.社会貢献学術賞の贈呈式
平成29年11月、東京にて開催予定。

8.その他
本贈呈に関して取得する個人情報は、業務に必要な範囲に限定して取扱います。

9.推薦書提出先
公益財団法人 とうきゅう環境財団
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-16-14 渋谷地下鉄ビル5階
TEL 03-3400-9142  FAX 03-3400-9141


名古屋大学大学院工学研究科電気工学専攻教員募集

[募集要領]

職 名

教授

採用人数

1名

所 属

名古屋大学大学院工学研究科 電気工学専攻

専門分野

電気エネルギー工学に関する研究分野(特に、電気エネルギー貯蔵(化学電池、水素利用を含む)、自然エネルギー発電、エネルギー材料、など)

担当科目

工学部電気電子情報工学科の科目および工学研究科電気工学専攻の科目

着任時期

2018 年4 月1 日以降できるだけ早い時期

任 期

なし

応募資格

博士の学位を有すること

提出書類

以下の書類を電子ファイル(A4版PDF文章、USBメモリに格納のこと)にて提出すること。なお、紙媒体出力を1式添付すること。
(1) 履歴書(写真添付)
(2) 研究業績リスト(論文、国際会議、著書・解説、特許、受賞などに分類)
(3) 主要論文別刷(5編以内)
(4) 外部資金獲得状況(科学研究費、共同研究・受託研究、その他)
(5) これまでの研究概要(A4版2ページ程度)
(6) 今後の研究計画および教育についての抱負(A4版2ページ程度)
(7) 本人について照会可能者(2名以内)の氏名・所属・連絡先
(8) 審査に役立つと応募者が判断するその他の事項(学会及び社会活動、教育経験等)

応募締切

2017年6月30日(金)必着

書類送付先

〒464-8603 愛知県名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院工学研究科 電気工学専攻
    専攻長 横水 康伸
※書留で「電気工学専攻教授応募書類在中」と朱書。
   なお、応募書類(USBを含む)は返却致しません。

問合せ先

名古屋大学大学院工学研究科 電気工学専攻
    教授 大野 哲靖
E-mail: ohno[a]nuee.nagoya-u.ac.jp  *[a]を@にしてください。

その他

本公募は国際公募です。
本学は積極的に男女共同参画を推進しています。



日本学術会議 第一部ニューズレター
  http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html
 

経済産業省“産業界の自主的取組に関するポータルサイト”開設のお知らせ

  産業界における地球温暖化対策として取り組まれている自主的取組を、2020年以降の
  温暖化対策の重要な柱として支援するため、国内外への情報発信を促進します。

  URL:http://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/kankyou_keizai/va/index.html

 


このページのトップへ



Copyright(c) Japan Society of Energy and Resources. All Rights Reserved.