エネルギー・資源学会
サイト内キーワード検索
  トップページ サイトマップ Eメール お問い合わせ

エネルギー・資源学会とは
学会紹介English
会長からのメッセージ
定 款
社員総会
学会組織
事務局
行事案内・研究発表会論文募集
行事案内
研究発表会・コンファレンス
研究発表申込
(テンプレートダウンロード)
会誌「エネルギー・資源」
最新号目次
会誌本文(会員限定)
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
電子ジャーナル「エネルギー・資源学会論文誌」
論文目次・内容
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
各種申込
会員入会申込
行事申込
メールニュース(無料)
ID/Password配信申込
学会活動
行事報告
研究発表会・コンファレンス
サマーワークショップ
研究プロジェクト
各賞表彰制度
過去の行事一覧
会誌「エネルギー・資源」 総目次
刊行物のご案内
関連機関
リンク/各種募集
 
著作権・複写権について
 
個人情報取扱いについて

リンク

団   体




大学研究室



報道・出版



他団体ニュース

◆◆他団体行事◆◆
日本エネルギー学会  第26回日本エネルギー学会大会
  (2017/8/1-2、名古屋) 詳細

一般財団法人キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)
  エネルギー環境セミナー<Roberto Schaeffer/ BIOENERGY IN BRAZIL>
  (2017/8/3、東京) 詳細  申込 
 
※参加費無料・英語(通訳なし)・7/21申込〆切

日本機械学会  「機械の日・機械週間」記念行事 −記念講演、機械遺産認定表彰−
  (2017/8/7、東京) 詳細 

電気学会  「電力系統における蓄電池利用・制御技術」フォーラムおよび専門講習会
  〔主催〕

一般社団法人電気学会
電力系統における蓄電池利用・制御技術調査専門委員会
  〔開催日〕 平成29年9月4日(月)ほか(全5回)
  〔場 所〕 明治大学中野キャンパス(東京都中野区中野4-21-1)ほか
  〔問合せ先〕 関西電力株式会社電力流通事業本部系統制御グループ 三宅翔太
    TEL 050-7105-9270Fax 06-6446-3203

 

BECC JAPAN 2017
  (2017/9/5-6、東京) 詳細

2017年度日本冷凍空調学会年次大会
  (2017/9/26-29、東京) 詳細

日本ガスタービン学会 第45回日本ガスタービン学会定期講演会
  (2017/10/18-19、見学会10/20、松山) 詳細

日本燃焼学会 第55回燃焼シンポジウム
  (2017/11/13-15、富山) 詳細

水素エネルギー協会 第37回水素エネルギー協会大会
  (2017/12/4-5、東京) 詳細


◆◆他団体公募案内・その他お知らせ◆◆
北海道大学大学院工学研究院 環境循環システム部門地圏循環工学分野
   (岩盤力学研究室) 教員公募
 
北海道大学大学院工学研究院では、環境循環システム部門資源循環工学分野(岩盤力学研究室)の教員の公募を以下の要領で行います。
   
1.公募人員   特任助教 1名
2.所属   環境循環システム部門 地圏循環工学分野(岩盤力学研究室)
3.専門分野   鉱物・エネルギー資源の開発に関わる地質・探査・採鉱・選鉱・環境保全と修復などに関する分野
4.担当科目   持続的資源系人材育成プログラムの特任助教として、大学院で上記専門に関する特論講義・演習、海外フィールド演習、国際人材交流セミナーなど(英語による講義を含む)を担当する。
5.応募資格   着任時において博士の学位又はPhDを有する方。
6.採用時期   平成29年10月1日以降のできるだけ早い時期
7.任  期   単年度更新で、最大平成34年3月31日まで
8.勤務時間等  月〜金曜日・裁量労働制(8:30〜17:00を基本)・休憩時間45分
9.給  与   国立大学法人北海道大学特任教員就業規則による
10.健康保険等  厚生年金・文部科学省共済組合・雇用保険・労災保険
11.提出書類   詳細は以下のURLをご覧下さい。
http://www.eng.hokudai.ac.jp/graduate/research/recruit/
12.提出期限   平成29年7月28日(金)必着
13.提出方法   封筒表面に「環境循環システム部門特任助教公募29-1」と朱記し、書留で郵送してください。応募書類は原則として返却しません。応募書類は助教選考の目的以外には使用しません。
14. その他    選考に際して面接を実施する場合があります(8月中旬以降予定)。その際、交通費等は支給できませんので、ご了承下さい。
15. 応募書類の送付先及び問合せ先
送付先: 〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
北海道大学工学系事務部総務課(人事担当)
(TEL:011-706-6156、6117、6118)
問合せ先:〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
北海道大学大学院工学研究院環境循環システム部門 部門長 藤井 義明
TEL: 011-706-6299
E-mail: fujii6299[a]frontier.hokudai.ac.jp  *[a]を@にしてください。
16. 北海道大学大学院工学研究院ホームページ http://www.eng.hokudai.ac.jp/faculty/
  提出書類のダウンロード http://www.eng.hokudai.ac.jp/graduate/research/recruit/

名城大学 理工学部環境創造学科(エネルギー・資源循環分野) 准教授の公募

1.職名および人数 准教授 1名
2.所属 環境創造学科
3.研究分野 総合工学、材料工学など
4.担当授業科目 (1)新カリキュラムへの移行完了までは、現行カリキュラムの科目(流体力学、環境計測学、地域環境調査実習、環境創造学実験など)を担当する。
  (2)新カリキュラムに移行後は、省エネルギー学、エネルギー管理工学、環境エネルギー変換工学、エネルギープロセスシステム設計のうち2科目以上、地域環境調査実習、環境創造工学実験などの科目を担当する。
  (3)専門分野の大学院の講義、研究指導
5.応募資格 (1)着任時、博士の学位を有すること
  (2)エネルギー・資源循環分野について十分な学識と幅広い視野を持ち、教育研究経験を備えている方
  (3)学生の教育・研究指導に熱意を持って携わることのできる方
  (4)学科・大学院専攻の運営に積極的に取り組める方
6.着任時期 2018(平成30)年4月1日
7.提出期限 2017(平成29)年7月31日(月)必着
8.必要書類 (1)個人調書・教育研究業績書(所定の様式)
WORD  PDF   記入例
  (2)主要な論文等の別刷5編(コピーも可)
  (3)教育に対する抱負1通(A4用紙で1,000字以内)
  (4)研究に対する抱負1通(A4用紙で1,000字以内)
  (5)本人の教育・研究能力をよく理解されている方の推薦状1通(A4用紙に1枚程度)
  (6)写真1枚(縦4cm×横3cm)  ※裏面に氏名をご記入ください。
  (7)連絡先(勤務先・自宅・携帯電話番号・電子メールアドレスなど)
9.選考内容 ・学科内で審議選考し、理工学部教員資格審査教授会の議を経て、決定します。
  ・選考の過程で、面接などをお願いすることがあります。
  ・面接時など、来校の旅費は支給されませんので、ご了承下さい。
  ・採用結果は本人にお知らせします。
10.応募書類送付先 〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口一丁目501番地
  名城大学理工学部環境創造学科 学科長 道正 泰弘
  ※「理工学部環境創造学科教員応募書類(エネルギー・資源循環分野)」と朱書きのうえ、書留郵便で送付して下さい。また、応募書類は、原則として返却しません。
11.連絡・問い合わせ先 名城大学理工学部環境創造学科 学科長 道正 泰弘
  E-mail: dosho[a]meijo-u.ac.jp
*[a]を@にしてください。
  TEL:052-832-1151(内線5949もしくは5879:学科事務)
12.その他 ・本採用の勤務形態は常勤(定年65歳)です。
  ・個人情報は、学校法人名城大学の定める「個人情報の適切な取り扱いに関する規定」に従い、本採用人事のみに使用し、他の目的のためには一切使用しません。
  ・現行カリキュラム及び新カリキュラムの情報は、以下のwebページに掲載されているので、参照して下さい。
 
  環境創造学科カリキュラム
 
  環境創造学科新カリキュラム
 

 

広島修道大学 教職員公募 「資源・エネルギー論」

主要担当科目   「資源・エネルギー論」
採用職名 助教(3年任期)
ただし、就任2年目の1月までに期間の定めのない専任教員として再契約を申し込むことができます。その際はあらためて業績等の審査を行います。
採用人数        1名
応募資格 (1)大学院博士後期課程の単位取得あるいはそれと同等以上の方
  ※2018年3月31日末までに取得見込みの方も含む。
(2)「資源・エネルギー論」及びその関連科目を担当可能な方
(3)ゼミナール科目、初年次教育等を担当できる方
(4)採用後は、広島市またはその近郊に居住できる方
採用時期       2018年4月1日
応募締切         2017年7月31日(月)必着
提出書類 (1)履歴書(写真貼付、所属学会名明記、別紙様式)
(2)教育研究業績一覧(主要な業績3点を明示、別紙様式)
(3)著書、論文などのうち、主要な3点(現物、抜刷またはコピー)
(4)学位取得証明書または単位取得証明書(いずれも見込み証明書を含む)
(5)研究概要及び今後の研究計画(様式自由、A4で1枚)
(6)教育についての考え方を述べたもの(別紙様式)
(7)主要担当科目の講義計画(大学1〜2年生を対象とする科目とし、半期15回分)(別紙様式)
選考方法 1次審査 書類・業績審査(応募者全員対象)
2次審査 面接 (1次審査通過者のみを対象とし、模擬講義を含む。)
※全ての選考が終了後、合否の通知及び応募書類の返却をおこないます。
待遇等 (1)給与  本学園給与規程による
※学歴、教歴、職歴を換算して決定します。
(2)本学の定年 67才
(3)各種保険  社会保険、雇用保険、労災保険あり
書類提出先 〒731−3195 広島市安佐南区大塚東一丁目1番1号
広島修道大学 人事課気付  人間環境学部長 中園 篤典 宛
*応募書類は簡易書留とし、封筒に「資源・エネルギー論 教員応募」と朱書してください。
*別紙様式は下記添付書類からダウンロードできます。
*応募書類は採用選考のみに使用し、それ以外の目的には一切使用いたしません。
問い合せ先 広島修道大学 人事課
Tel 082-830-1105(直通)
Fax 082-830-1325
e-mail:jinji[a]js.shudo-u.ac.jp
*[a]を@にしてください。


平成29年度「第9回とうきゅう環境財団 社会貢献学術賞」受賞候補者募集

1. 候補者対象
日本の環境分野において学術的かつ社会的に特に顕著な業績を挙げた研究者(個人・共同・団体、外国籍で国内で研究されている方、但し企業は除きます)。

2 .社会貢献学術賞
本賞1件賞状および賞金100万円。
* 受賞者は原則1件1人としますが、共同ならびに団体研究の場合においても1件として取扱います。

3. 推薦依頼先
環境に関連する研究者の所属する機関等に推薦をお願い致します。

4.応募期間および締切日
応募期間    平成29年4月1日〜8月31日
締切日(必着) 平成29年8月31日

5.提出方法
財団所定の推薦書用紙(下記推薦書)に必要事項を記載し、期日迄に当財団に郵送で提出して下さい。なお提出書類は返却いたしません。

6.選 考
当財団の選考委員会において選考の上、決定いたします。
選考結果は、平成29年10月初旬、推薦者・受賞者に通知いたします。

7.社会貢献学術賞の贈呈式
平成29年11月、東京にて開催予定。

8.その他
本贈呈に関して取得する個人情報は、業務に必要な範囲に限定して取扱います。

9.推薦書提出先
公益財団法人 とうきゅう環境財団
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-16-14 渋谷地下鉄ビル5階
TEL 03-3400-9142  FAX 03-3400-9141


日本学術会議 第一部ニューズレター
  http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html
 

経済産業省“産業界の自主的取組に関するポータルサイト”開設のお知らせ

  産業界における地球温暖化対策として取り組まれている自主的取組を、2020年以降の
  温暖化対策の重要な柱として支援するため、国内外への情報発信を促進します。

  URL:http://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/kankyou_keizai/va/index.html

 


このページのトップへ



Copyright(c) Japan Society of Energy and Resources. All Rights Reserved.