エネルギー・資源学会
サイト内キーワード検索
  トップページ サイトマップ Eメール お問い合わせ

エネルギー・資源学会とは
学会紹介English
会長からのメッセージ
定 款
社員総会
学会組織
事務局
行事案内・研究発表会論文募集
行事案内
研究発表会・コンファレンス
研究発表申込
(テンプレートダウンロード)
会誌「エネルギー・資源」
最新号目次
会誌本文(会員限定)
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
電子ジャーナル「エネルギー・資源学会論文誌」
論文目次・内容
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
各種申込
会員入会申込
行事申込
メールニュース(無料)
ID/Password配信申込
学会活動
行事報告
研究発表会・コンファレンス
サマーワークショップ
研究プロジェクト
表彰制度
過去の行事一覧
会誌「エネルギー・資源」 総目次
刊行物のご案内
関連機関
リンク/各種募集
 
著作権・複写権について
 
個人情報取扱いについて

リンク

団   体

東京電力ホールディングス(株)(社外サイト)
もったいない学会  



大学研究室



報道・出版



他団体ニュース

◆◆他団体行事◆◆
日本機械学会 2018年度「機械の日」記念式典・展示会「ヒトと交錯するキカイたち」
  (2018/8/7、東京) 詳細

日本エネルギー学会  第27回日本エネルギー学会大会
〔主  催〕 一般社団法人 日本エネルギー学会
〔開催日〕 2018年8月8日(水)〜9日(木)
〔会  場〕 日本大学理工学部駿河台キャンパス(東京都千代田区神田駿河台1-8-14)
〔大会URL〕 https://www.jie.or.jp/publics/index/591/
〔問合せ先〕 日本エネルギー学会 事務局
TEL 03-3834-6456 FAX 03-3834-6458 
E-mail:unishi_jie1921[a]jie.or.jp *[a]を@に変えてください。
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-16-9 外神田千代田ビル4F

気候変動・省エネルギー行動会議  第5回BECC JAPAN 2018
  (2018/8/23-24、大阪) 詳細

日本真空学会 第10回役に立つ真空技術入門講座
  (2018/8/23-24、大阪) 詳細

日本冷凍空調学会 日本冷凍空調学会年次大会
 (2018/9/5-7、郡山) 詳細

資源・素材学会 資源・素材2018(福岡)
  (2018/9/10-12、福岡) 詳細

日本太陽エネルギー学会関西支部 大河内揚水発電所・史跡生野銀山見学会
  (2018/9/12、兵庫)

地球環境産業技術研究機構 未来社会を支える温暖化対策技術シンポジウムin関西
  (2018/9/26、大阪) 詳細

日本機械学会 『伝熱工学資料(改訂第5版)』の内容を教材にした熱設計の基礎と応用
  (2018/9/27-28、東京) 詳細

 
日本LCA学会 第13回エコバランス国際会議
  (2018/10/9-12、東京) 詳細

日本ガスタービン学会 第46回日本ガスタービン学会定期講演会
  (2018/10/10-11、鹿児島) 詳細

日本鉄鋼協会 第9回材料電磁プロセッシング国際シンポジウム(EPM2018)
  (2018/10/14-18、兵庫) 詳細

触媒学会 規則性多孔体研究会「第25回規則性多孔体セミナー」
  (2018/11/14、鳥取) 詳細

日本燃焼学会 第56回燃焼シンポジウム
  (2018/11/14-16、大阪)

水素エネルギー協会 第38回水素エネルギー協会大会
 (2018/11/28-29、東京) 詳細
日本機械学会 第21回スターリングサイクルシンポジウム
  (2018/12/1、東京) 詳細

炭素材料学会 第45回炭素材料学会年会
  (2018/12/5-7、名古屋) 詳細

日本液体微粒化学会 第27回微粒化シンポジウム
  (2018/12/17-18、岡山) 詳細

日本エネルギー学会 バイオマス部会 第14回バイオマス科学会議
  (2019/1/16-17、広島) 詳細

水素エネルギー協会 世界水素技術会議 2019
World Hydrogen Technologies Convention 2019(WHTC2019)
〔主  催〕 一般社団法人 水素エネルギー協会
〔開催日〕 2019年6月2日(日)〜7日(金)
〔場  所〕 東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3-5-1)
〔会議URL〕 http://whtc2019.jp
〔問合せ先〕 (国研)産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 創エネルギー研究部門 WHTC2019事務局
TEL&FAX 029-861-8712 E-mail:org@whtc2019.jp

◆◆他団体公募案内・その他お知らせ◆◆

(公社)発明協会「2019年度全国発明表彰」募集のお知らせ

概要:優れた発明・考案または意匠の創作を完成した者の顕彰
対象:
@第一表彰区分
科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ顕著な実施効果をあげている発明等が対象。
A第二表彰区分
科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ、中小・ベンチャー企業、大学及び公設試験研究機関等の研究機関に係る発明等が対象。
表彰の内容:
@第一表彰区分 恩賜発明賞、特別賞、発明賞
A第二表彰区分 21世紀発明賞、21世紀発明奨励賞

※賞状・メダル・発明奨励金(最高200万円)

  その他詳細:http://koueki.jiii.or.jp/hyosho/zenkoku/2019/zenkoku_boshuyoko.html

応募受付期間:平成30年8月31日(金)まで

 <お問合せ先>
公益社団法人発明協会 全国発明表彰担当
Tel:03-3502-5431
E-mail:shourei[a]jiii.or.jp  *[a]を@に変えてください。


[JST/JICA] 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS) 平成31年度 研究提案募集について(予告)

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は、
地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)において、
平成31年度の研究提案を平成30年9月より募集する予定です。

【募集期間】 平成30年9月中旬〜平成30年11月中旬予定
※最新情報は、随時ウェブサイトにて掲載いたします
http://www.jst.go.jp/global/koubo.html

本プログラムは、科学技術と外交を連携し、相互に発展させる
「科学技術外交」の強化の一環として、文部科学省・外務省の支援のもと、
JSTと独立行政法人 国際協力機構(JICA)が連携して実施するものです。
開発途上国のニーズを基に、地球規模課題を対象とし、将来的な社会実装の
構想を有する国際共同研究を政府開発援助(ODA)と連携して推進します。
本プログラムでは地球規模課題の解決および科学技術水準の向上につながる
新たな知見や技術を獲得することや、これらを通じたイノベーションの創出を
目的としています。
また、その国際共同研究を通じて開発途上国の自立的研究開発能力の向上と
課題解決に資する持続的活動体制の構築を図ります。

SATREPSはODAとの連携事業です。
相手国研究機関から相手国のODA担当省庁を通じ、
日本政府に対する技術協力要請が行われる必要があります。
技術協力要請書の受付は既に開始しています。
また、提出期限は日本側公募締切(11月中旬予定)より早く、11月2日(金)を予定しています。
相手国政府内での手続きに時間を要することがありますが、
相手国の事情によらず締切までに要請書が日本政府に届いていなければなりません。
相手国での要請手順や所要日数等について、
相手国研究機関と早めに相談されることをお勧めします。

■公募概要(予定)
*応募要件:
日本国内の大学や研究機関、企業などに所属して、国際共同研究の研究代表者
としての責務を果たし、最初から最後まで国際共同研究に従事できること。
その他、責務等も記載していますので、公募要領の記載内容をご理解のうえ応募してください。

*対象分野:環境・エネルギー/生物資源/防災
(注) 感染症分野については、平成28年度より国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が公募を行っています。
感染症分野については、AMEDの公式サイト(http://www.amed.go.jp/program/list/03/01/035.html) をご参照ください。

*研究期間:3〜5年間

*予算規模:1課題あたり、1億円程度/年
(内訳)JST:委託研究経費3,500万円程度/年
JICA:ODA技術協力経費6,000万円程度/年

■公募説明会
9月に公募説明会の実施を予定しております。
JSTとJICAより、本プログラムの概要、公募に関するご案内、
経費の枠組みなどについてご説明する予定です。

■お問い合わせ先
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
国際部SATREPSグループ
e-mail: global[a]jst.go.jp  *[a]を@に変えてください。
電話: 03-5214-8085
担当:齋藤、村田


日本学術会議 第一部ニューズレター
  http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html
経済産業省“産業界の自主的取組に関するポータルサイト”開設のお知らせ

  産業界における地球温暖化対策として取り組まれている自主的取組を、2020年以降の
  温暖化対策の重要な柱として支援するため、国内外への情報発信を促進します。

  URL:http://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/kankyou_keizai/va/index.html

 


このページのトップへ



Copyright(c) Japan Society of Energy and Resources. All Rights Reserved.