エネルギー・資源学会
サイト内キーワード検索
  トップページ サイトマップ Eメール お問い合わせ

エネルギー・資源学会とは
学会紹介English
会長からのメッセージ
定 款
社員総会
学会組織
事務局
行事案内・研究発表会論文募集
行事案内
研究発表会・コンファレンス
研究発表申込
(テンプレートダウンロード)
会誌「エネルギー・資源」
最新号目次
会誌本文(会員限定)
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
電子ジャーナル「エネルギー・資源学会論文誌」
論文目次・内容
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
各種申込
会員入会申込
行事申込
メールニュース(無料)
ID/Password配信申込
学会活動
行事報告
研究発表会・コンファレンス
サマーワークショップ
研究プロジェクト
表彰制度
過去の行事一覧
会誌「エネルギー・資源」 総目次
刊行物のご案内
関連機関
リンク/各種募集
 
著作権・複写権について
 
個人情報取扱いについて

リンク

団   体




大学研究室



報道・出版



他団体ニュース

◆◆他団体行事◆◆
金属学会セミナー
  「材料の力学特性向上を目指して―最近の実験・計算手法の進展に基づく本質的な理解―」
  (2018/3/6、東京) 詳細

電気学会九州支部専門講習会「電力系統における蓄電池利用・制御技術」
〔主催〕一般社団法人 電気学会九州支部
〔開催日〕2018年5月28日(月)14〜17時
〔場 所〕電気ビル本館 地下2階 6号会議室(福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号)
URL : http://www.iee.jp/kyushu/?p=16213
〔問合せ先〕一般社団法人 電気学会九州支部 事務局
       九州大学大学院システム情報科学研究院電気システム工学部内
TEL:080-1771-8301
E-mail:kyushu-branch[a]ieej.org *[a]を@に変えてください。

 

日本伝熱学会 第55回日本伝熱シンポジウム
  (2018/5/29-31、札幌) 詳細

日本機械学会動力エネルギーシステム部門  第23回動力・エネルギー技術シンポジウム
  (2018/6/14-15、山口) 詳細

Grand Renewable Energy 2018 グランド再生可能エネルギー2018国際会議
  (2018/6/17-22、横浜) 詳細

日本鉄鋼協会 第9回材料電磁プロセッシング国際シンポジウム(EPM2018)
  (2018/10/14-18、兵庫) 詳細

◆◆他団体公募案内・その他お知らせ◆◆

グランド再生可能エネルギー2018国際会議 アブストラクト提出の最終案内

ホームページ:http://www.grand-re2018.org/
アブストラクトテンプレート:http://www.grand-re2018.org/ronbun.html

当国際会議の詳細は上記ホームページに記載されていますが概要は次のとおりです。
・会期:国際会議6月17-22日、展示会6月20-22日、場所:パシフィコ横浜
・再生可能エネルギー12分野が一堂に会する国際会議で、日本発4回目(2006, 2010, 2014, 2018)。
・参加国数50カ国、論文発表数1000件、参加者1300名以上を目標。
・米国、ドイツ、中国、IEA、日本の第1人者による基調講演、世界から選任された合計15名の学識経験者による招待講演が連日行われる。
・複数の国際ワークショップ、NEDO,産総研、JSTなど国立機関による最先端技術の発表を行う特別セッションが連日行われる。
・有料参加者全員に、発表論文のフルセット、ならびに基調講演や招待講演者の講演要約を収録した検索付DVDが無償で謹呈される(会議終了後3カ月以内)。
・さらに、論文発表者で希望する方全員、我が国唯一の公的ジャーナルシステムJ-Stageに無償で掲載を予定している。
・3万人規模の国際展示会も同時開催、入場無料。

以上のように、アブストラクト提出−>プログラム委員会で査読−>合格通知−>参加登録(4月30日早期登録締切)−>会期中にフル論文提出・発表―>J-Stage掲載やDVD受領、など特典がたくさんありますので提出がまだの方はぜひとも3月2日までに投稿してください。お待ちしております。

グランド再生可能エネルギー2018国際会議
組織委員長 荻本 和彦(東京大学生産技術研究所 特任教授)
プログラム共同委員長 
近藤道雄(産総研FREA上席コーデイネーター)
  石原 孟(東京大学大学院 教授)
  中岩 勝(産総研FREA所長)

連絡先:同国際会議 事務局長 池田 誠
TEL 03-5294-3888, FAX 03-5294-0909,
iked071[a]s7.dion.ne.jp  *[a]を@に変えてください。
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-3
トクヒ)再生可能エネルギー協議会

統合的気候モデル高度化研究プログラム 平成29年度公開シンポジウム
「温暖化対策を気候モデルでどう理解するか」開催のご案内

この度、文部科学省委託事業「統合的気候モデル高度化研究プログラム」の
平成29年度公開シンポジウムを下記のとおり開催しますのでご案内申し上げます。

----------------------------------------------------------------------
日 時:2018年3月8日(木)13:00〜16:40(12:30開場)
場 所:一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2F)

主 催:文部科学省
入場料:無料(自由席)
申 込:事前登録(ホームページよりお申し込みください)
     ↓シンポジウムウェブサイト
     http://www.jamstec.go.jp/tougou/event/sympo/2017/index.html

プログラム:

全体説明
  住 明正(プログラム・ディレクター/東京大学 特任教授)

講演
・気候変動対応策から見た気候モデル研究進展の価値
   秋元 圭吾(地球環境産業技術研究機構 システム研究グループリーダー)

・温暖化対策の基盤となる気候モデルの情報
  〜CO2排出削減の長期目標にモデルの情報はどのように活用されるか〜
   筒井 純一(電力中央研究所 環境科学研究所 副研究参事)

・気候予測の不確実性を理解する〜気候感度の研究の現状とこれから〜
   小倉 知夫(国立環境研究所 主任研究員)

・地球システムモデルで炭素排出と気候変化の関係を理解する
   立入 郁(海洋研究開発機構 ユニットリーダー)

総括および質疑応答
  木本 昌秀(プログラム・オフィサー/東京大学 教授)

※詳細は、ウェブサイトをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

≪シンポジウムに関するお問い合わせ≫
(株)勁草書房
統合プログラム公開シンポジウム事務局
tougou-symposium[a]keiso-comm.com  *[a]を@に変えてください。

≪プログラムに関するお問い合わせ≫
国立研究開発法人 海洋研究開発機構
統合的気候モデル高度化研究プログラム事務局
tougou-info[a]jamstec.go.jp  *[a]を@に変えてください。

戦略的研究推進事業CRESTとの日仏共同提案募集を実施するフランスANRが募集を開始

科学技術振興機構(JST)は、戦略的研究推進事業CRESTの平成30年度の公募において、フランス国立研究機構(ANR)と連携し、以下の2研究領域で日仏共同提案の募集を行うこととしました。
今般ANRが募集を開始いたしましたのでお知らせします。

「量子状態の高度な制御に基づく革新的量子技術基盤の創出」(研究総括:荒川泰彦)
「人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開」(研究総括:間瀬健二)

採択された場合、日本側グループはJST(CREST)から、フランス側グループはANRから、それぞれ支援を受けます。
応募にあたって日仏の研究代表者は共同研究提案書(英語、CREST−ANR共通書式)を作成し、JST、ANR両機関に申請してください。両機関に申請されることが審査の要件となります。
ANRの申請受付期間はJST(CREST)より早いのでご注意ください。ANRの申請受付期間は2月15日から4月16日10時(フランス時間)までです。JSTの申請受付は通常のCREST提案募集期間に行います。通常のCREST提案募集については今後CRESTの募集HPにおいてご案内します。CRESTへの応募の際に、ANRに提出された日仏共同研究提案の内容を変更することはできません。また、日仏共同提案と通常のCRESTの提案の両方を申請することはできませんので、ご注意ください。

なお、この日仏共同提案募集は、国会における平成30年度政府予算の成立を前提として行っています。詳細については、以下のURLをご確認ください。

(CRESTの募集HP)
http://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian.html

(ANRの募集HP)
http://www.anr.fr/crest-2018

●問合せ先:
国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略研究推進部[募集専用]
E-mail:rp-info[a]jst.go.jp  *[a]を@に変えてください。
問合せは必ず左記メールアドレスにお願い致します。
TEL:03-3512-3530(受付時間:10:00〜12:00/13:00〜17:00)
   ※土曜日、日曜日、祝祭日を除く
[電話でご質問いただいた場合でも、電子メールでの対応をお願いすることがあります]

第43回(平成30年度)井上春成賞候補技術募集

〔表彰対象〕 
大学、研究機関等の独創的な研究成果をもとに企業が開発し企業化した優れた技術で、科学技術の発展に寄与し経済の発展、福祉のものについて、表彰対象技術ごとの研究者1名、企業代表者1名を表彰する。
〔表 彰〕
・原則として2件       
・受賞者に対しては賞状、賞牌
・研究者代表には研究奨励金100万円
〔URL 〕 
http://inouesho.jp/ (応募要項等詳細は平成30年2月1日より公開)
〔募集期間〕
2018年2月1日(木)〜3月31日(土)
〔応募・問い合わせ先〕
井上春成賞委員会事務局       
〒332-0012 埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル       
国立研究開発法人科学技術振興機構内  担当:杉崎、田毎
Tel:048-226-5618 Fax:048-226-5651


科学技術コミュニケーション推進事業 未来共創イノベーション活動支援の平成30年度募集開始のお知らせ

日本学術会議 第一部ニューズレター
  http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html
経済産業省“産業界の自主的取組に関するポータルサイト”開設のお知らせ

  産業界における地球温暖化対策として取り組まれている自主的取組を、2020年以降の
  温暖化対策の重要な柱として支援するため、国内外への情報発信を促進します。

  URL:http://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/kankyou_keizai/va/index.html

 


このページのトップへ



Copyright(c) Japan Society of Energy and Resources. All Rights Reserved.