エネルギー・資源学会
サイト内キーワード検索
トップページ サイトマップ Eメール お問い合わせ

エネルギー・資源学会とは
学会紹介English
会長からのメッセージ
定 款
社員総会
学会組織
事務局所在地
お問い合わせ
行事案内・研究発表会論文募集
行事案内
研究発表会・コンファレンス
研究発表申込
(テンプレートダウンロード)
会誌「エネルギー・資源」
最新号目次
会誌本文(会員限定)
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
電子ジャーナル「エネルギー・資源学会論文誌」
論文目次・内容
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
各種申込
会員入会申込
行事申込
メールニュース(無料)
ID/Password配信申込
学会活動
行事報告
研究発表会・コンファレンス
サマーワークショップ
研究プロジェクト
各賞表彰制度
過去の行事一覧
会誌「エネルギー・資源」
総目次
刊行物のご案内
関連機関
リンク/各種募集
 
著作権・複写権について
 
個人情報取扱いについて

 「日本2020年の温室効果ガス排出量
                (中期目標)を読み解く」
  サマーワークショップ2009


◆テーマ

 2009年6月10日、麻生首相は日本の2020年における温室効果ガス排出量削減目標値(いわゆる中期目標)を、2005年比−15%とすることを決定した。これに先立ち、中期目標について科学的、理論的に検討するため、内閣官房は2008年10月に地球温暖化問題に関する懇談会の下に「中期目標検討委員会」を設置した。同委員会は福井俊彦・前日本銀行総裁を座長とし、環境、経済、エネルギーに関する専門家計8人で構成され、本学会の会長だった茅陽一先生もメンバーになっている。

 委員会では、中期目標についての「複数の選択肢」を作成した。複数のモデルを用いたモデル分析を整合的に行うため、政府(内閣官房、環境省、経済産業省、外務省)、モデル分析の実務担当者(国立環境研究所、RITE、日本エネルギー経済研究所、日本経済研究センター)、その他の専門家からなるモデル分析ワーキングチーム(WT)を開催した。モデル分析WTは2008年11月から2009年4月にかけて計24回開催され、具体的には1990年比+4%から−25%の数値を以下のモデルを用いたシミュレーションの検討結果を踏まえて提案した。

 世界モデル : RITE(地球環境産業技術研究機構)モデル(DNE21+)、国立環境研究所・世界技術モデル(AIM/Enduse
[Global]);日本モデル : 日本エネルギー経済研究所モデル、国立環境研究所・日本技術モデル(AIM/Enduse[Japan]);経済モデル(一般均衡) : 日本経済研究センター・一般均衡モデル、国立環境研究所・日本経済モデル(AIM/CGE[Japan]);KEOモデル(慶応義塾大学産業研究所)、経済モデル(マクロ) : 日本経済研究センター・マクロモデル。

 そこで、モデル分析に参加したメンバーをはじめ、中期目標の数値作成に深く関わった専門家を集め、どのようにして中期目標が作られたかについて講演等を通じて紹介するとともに、コペンハーゲンにおける次期枠組みに向けた日本の取るべき戦略、「低炭素革命」の実現に向け2020年までにやるべきことなどについて、議論を深めたい。午後のグループ別ディスカッションでは、専門家と直接やりとりしながら参加者同士の議論を行うことでさらなる理解を深め、各人のやるべき事を見つけたい。


◆日時   2009年9月24日(木)10:00〜17:00

◆会場  東京大学 武田先端知ビル5F 武田ホール
        (〒113-8656東京都文京区弥生2-11-16) 

◆交通  東京メトロ千代田線「根津駅」下車徒歩5分
       地下鉄南北線「東大前」下車徒歩10分
       東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」下車徒歩15分

◆概要  詳細 (「エネルギー・資源」2009年7月号掲載)

◆プログラム
(1)オリエンテーション
  冒頭に、本ワークショップのオリエンテーションを行いました。(発表資料

(2)中期目標策定のプロセスについて
     「地球温暖化対策に関する日本の中期目標策定のプロセスについて」 (発表資料
       (独)国立環境研究所 地球環境研究センター 研究員 花岡 達也 氏

(3)モデル研究者の見解
  1. 「日本の中期目標検討」 (発表資料
       (財)地球環境産業技術研究機構 システム研究グループ グループリーダー 秋元 圭吾 氏

  2.「日本エネルギー経済研究所試算結果(日本モデル)」 (発表資料
       (財)日本エネルギー経済研究所 計量分析ユニット 主任研究員 松尾 雄司 氏

  3.「中期目標に関する意見−要点−」 (発表資料
       (独)国立環境研究所 地球環境研究センター 主任研究員 藤野 純一 氏

(4)有識者の見解
    「中期目標とその含意」 (発表資料
       東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授 松橋 隆治 氏

(5)グループ別ディスカッション
  3〜4つのグループに分かれて議論をおこないました。

  1)進行案
    * 自己紹介、各自の中期目標への関心・疑問
       →モデル研究者は答えられる範囲で疑問に答える。
       →答えられないものは、全体議論に持ち越す。
    * 中期目標を決定する上でどの要因が重要か各人の意見出し
       →モデル研究者は適宜議論に参加し、このプロセスで対応可能なこと、対応できなかったこと
         についてできるだけ率直に見解を伝える
    * どのようにすれば重要な要因の情報を得られるか、考えられる解決策を模索する
    * 自分の普段の業務・研究・生活等とのかかわりについて考える

(6)全体議論
  1) 各グループからのレポートバック:
    ファシリテーターか記録がグループで行われた議論を説明しました。

    * 参加者が大事だと思った問題について
    * モデル研究者が答えられたこと、答えられなかったこと
    * 重要な要因を深堀するための解決策の案

  2) パネルディスカッション:
     演壇にモデル研究者、ファシリテーターが上がる対話形式で行いました。

    * モデル研究者から各グループに参加した感想(5分程度ずつ)
    * 会場を交えた質疑応答
    * ファシリテーターから各グループの議論を聞いた感想(5分程度ずつ)
    * 会場を交えた意見交換
    * 時間があればグループディスカッション参加者の主な感想出し

(7)本ワークショップのまとめ
        大阪大学大学院工学研究科教授 下田 吉之 氏

(8)サマーワークショップ2009の幹事団
  ○代表幹事:藤野 純一 ((独)国立環境研究所)
  ○幹   事:芦名 秀一 ((独)国立環境研究所)
          井原 智彦 ((独)産業技術総合研究所)
          加藤 丈佳 (名古屋大学)
          小杉 隆信 (立命館大学)
          黒沢 厚志 ((財)エネルギー総合工学研究所)
          下田 吉之 (大阪大学)
          花岡 達也 ((独)国立環境研究所)
          藤澤   星 (東京電力(株))
          吉田 好邦 (東京大学)
  ○世 話 人 :松橋 隆治 (東京大学)

summer_indexに戻る




 



  

Get Acrobat Reader 詳細ページはPDFです。
PDFを閲覧・印刷するには、
Adobe Acrobat Reader が必要です。
ダウンロードはこちらから(無償)


このページのトップへ

Copyright(c) Japan Society of Energy and Resources. All Rights Reserved.