エネルギー・資源学会
サイト内キーワード検索
トップページ サイトマップ Eメール お問い合わせ

エネルギー・資源学会とは
学会紹介English
会長からのメッセージ
定 款
社員総会
学会組織
事務局所在地
お問い合わせ
行事案内・研究発表会論文募集
行事案内
研究発表会・コンファレンス
研究発表申込
(テンプレートダウンロード)
会誌「エネルギー・資源」
最新号目次
会誌本文(会員限定)
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
電子ジャーナル「エネルギー・資源学会論文誌」
論文目次・内容
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
各種申込
会員入会申込
行事申込
メールニュース(無料)
ID/Password配信申込
学会活動
行事報告
研究発表会・コンファレンス
サマーワークショップ
研究プロジェクト
各賞表彰制度
過去の行事一覧
会誌「エネルギー・資源」
総目次
刊行物のご案内
関連機関
リンク/各種募集
 
著作権・複写権について
 
個人情報取扱いについて

 「低炭素社会を実現するために
             ―地域の視点から考える―」
  サマーワークショップ2010


◆テーマ

  日本の温室効果ガス排出量を1990年レベルに比べて2020年までに25%削減、2050年までに80% 削減目標を掲げた「地球温暖化対策基本法案」が2010年3月12日に閣議決定され、国会で審議された。 また、2010年6月に「エネルギー基本計画」が閣議決定されている。それぞれの法案の中には地方公共 団体の役割についても触れられており、京都目標以上の取り組みが求められることが予想される。

  一方で、日本経済および地域の成長戦略を立案し、実現させていくことが急務であり、2010年6月には、 環境・エネルギー、健康、観光の3つを柱にした、「新成長戦略〜元気な日本復活のシナリオ〜」が国家 戦略室から出されている。

 こういった動きの中で、環境・エネルギーを切り口にしながら大幅な温室効果ガス排出量の削減と地域 の活性化を促す方策を見出すことが、地域の持続可能な低炭素社会を実現するための突破口になろう。 東北地方の実情を知りながら、エネルギー・資源に係る関係者は何ができるのか、何をするべきなのか、 講演と参加者のコミュニケーションを通して探っていきたい。

◆日時   2010年8月26日(木)12:30〜8月27日(金)16:30

◆会場  東北大学工学研究科・工学部(青葉キャンパス)総合研究棟
         101講義室、110講義室、201会議室、205会議室、306講義室

◆交通  詳細

◆概要  詳細 (「エネルギー・資源」2010年7月号にも掲載されています)


◆プログラム
 【1日目(8月26日(木))】

(1)オリエンテーション
  冒頭に、本ワークショップのオリエンテーションを行いました。

(2)講演
  1)「地域に根差した低炭素エネルギーのかたち:スマートエネルギーシステム構想」
      ・・・東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻教授 中田 俊彦 氏

  2)「『杜の都』が育む低炭素社会形成の萌芽 〜仙台市の事例から〜」 (発表資料
      ・・・仙台市環境局環境企画課地球温暖化対策係係長 佐藤 幸代 氏

(3)分科会1・2
  10〜15名程度のグループに分かれて議論を行いました。 分科会2はパネルディスカッション終了
後に、分科会1とはメンバーを入れ替えて行いました。

    * 自己紹介(名前、仕事・研究内容)を1分程度で
    * 講演の感想と、自身の関心を1分程度で
    * 「地域(東北を例として)に根ざした低炭素社会を実現するには」論点出し

(4)パネルディスカッション
  1)テーマ:地域に根差した低炭素社会を実現するには
  2)パネリスト
    *「環境ビジネスと地域ベンチャー」 (発表資料
        農林水産省生産局生産流通振興課 花き産業振興室長 佐分利応貴 氏

    *「宮城県における二酸化炭素削減の現状とクリーンエネルギーみやぎ創造プラン」
        (発表資料
        宮城県環境生活部参事兼環境政策課長 後藤 康宏 氏

    *東北大学 中田 俊彦 氏

    *仙台市 佐藤 幸代 氏

  3)コーディネーター
     大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専攻教授 下田 吉之 氏

(5)技術交流会
  学内のカフェにて立食形式で行いました。解散後、宿泊先(ラドン温泉天竜閣)へ移動し、引き続き
交流を図りました。


 【2日目(8月27日(金))】

(6)中間まとめ
  分科会のレポートバックを含め、1日目の内容を振り返りました。

(7)グループ討議1
  6〜7名程度のグループに分かれて議論を行いました。

  1)グループ討議1のテーマ:地域を低炭素化するにはどうすればよいか?
                  ―自分のやっていることと地域が抱える問題との関係を見つけ出す―
  2)進行案
    *自己紹介(名前、仕事・研究の内容、これまでの感想)を1分程度で
    *各自の活動を10分程度でプレゼンテーション
    *それぞれの亞k集うと地域の抱える問題点について関係性を議論
    *自分達は何ができるかについて意見交換
    *各自が「自分たちは何ができるか」をA4、1ページ程度でまとめる

(8)グループ討議2
  これまでの議論から重要な軸を抽出し、その軸に沿って、10名程度のグループに分かれて議論
を行いました。

  1)グループ討議2のテーマ:地域を低炭素化するにはどうすればよいか?自分のやっているこ
                     とを軸にしながら役割分担をしてそれを確実にする方法を考える。
                     (自分がやることは?他の人にやってもらうことは?本学会にでき
                      ることは?)
  2)進行案
    *自己紹介(名前、仕事・研究の内容、前日の感想)を1分程度で
    *グループ討議1で行われた議論で、グループ討議2において大事だと思う論点を参加者
      全員が発表
    *自分たちは何ができるかについて意見交換し、大事だと思う論点を全員が発表
    *「地域を低炭素化するために」、設定された軸の観点から、
       ・今、自分でできることは何か
       ・全体としてどういうことをする必要があるのか
       ・そのためにはどのような主体の協力が必要なのか
       ・どのような時間スケールでの戦略が必要か
    *全体報告で発表できるように議論のまとめ

(9)全体報告
  1)司会:立命館大学政策科学部准教授 小杉 隆信 氏

  2)進行案
    *各グループからの発表(各グループ5分程度)
    *参加者からの振り返り(各自30秒〜1分程度)
    *今後の課題について

  3)各グループ発表資料
    @「地域低炭素社会に向けた価値形成に向けたコミュニケーションをどう形成するか?
       〜幸せ増やして炭素を減らせ!〜」
        (発表資料
    A「地域状況に応じた低炭素社会を形作るには? 〜仙台市/宮城県を例に〜」
        (発表資料
    B「世界から見たときの地域の役割・ポジション」
        (発表資料
    C「エコドライブは何故普及しないのか?」
        (発表資料
    D「仙台市で低炭素社会を作る第一歩 〜運輸編〜」
        (発表資料


(10)学会誌への行事報告記事 (報告記事
        (財)電力中央研究所 社会経済研究所 杉山 昌広 氏    

(11)サマーワークショップ2010の幹事団
  ○代表幹事:藤野 純一 ((独)国立環境研究所)
  ○幹   事:芦名 秀一 ((独)国立環境研究所)
          井原 智彦 ((独)産業技術総合研究所)
          小杉 隆信 (立命館大学)
          黒沢 厚志 ((財)エネルギー総合工学研究所)
          下田 吉之 (大阪大学)
          杉山 昌広 ((財)電力中央研究所)
          藤澤   星 (東京電力(株))
          山口 容平 (大阪大学)
  ○特別幹事:中田 俊彦 (東北大学)
          古林 敬顕 (東北大学)
  ○世 話 人 :松橋 隆治 (東京大学)

summer_indexに戻る


 



  

Get Acrobat Reader 詳細ページはPDFです。
PDFを閲覧・印刷するには、
Adobe Acrobat Reader が必要です。
ダウンロードはこちらから(無償)


このページのトップへ

Copyright(c) Japan Society of Energy and Resources. All Rights Reserved.