エネルギー・資源学会
サイト内キーワード検索
トップページ サイトマップ Eメール お問い合わせ

エネルギー・資源学会とは
学会紹介English
会長からのメッセージ
定 款
社員総会
学会組織
事務局所在地
お問い合わせ
行事案内・研究発表会論文募集
行事案内
研究発表会・コンファレンス
研究発表申込
(テンプレートダウンロード)
会誌「エネルギー・資源」
最新号目次
会誌本文(会員限定)
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
電子ジャーナル「エネルギー・資源学会論文誌」
論文目次・内容
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
各種申込
会員入会申込
行事申込
メールニュース(無料)
ID/Password配信申込
学会活動
行事報告
研究発表会・コンファレンス
サマーワークショップ
研究プロジェクト
各賞表彰制度
過去の行事一覧
会誌「エネルギー・資源」
総目次
刊行物のご案内
関連機関
リンク/各種募集
 
著作権・複写権について
 
個人情報取扱いについて

 「関西で考えるこれからの電力需給対策」
  サマーワークショップ2012


◆開催趣旨

  2011の夏は、東日本にとって節電の夏となりました。また、2012年も政府は国レベルで節電目標値を定め、最も節電目標値の高い関西電力管内をはじめ、電力供給不足とその対応が議論されるなど、節電への関心は高まっています。

  本サマーワークショップでは、2011年の東日本における需要対策を含めたこれまでの社会的な対応を有識者による講演会をきっかけにレビューし、そこから学ぶべき知見を議論するとともに、今夏の関西地域での電力需給対策の取り組みについて関連する各主体(政府・自治体・産業界・市民団体・一般市民など)のロールプレイを通して考える2部構成といたします。ロールプレイでは、供給側制約による需要/供給のバランスが崩れている状態からスタートし、各主体が協力してこれをどのようにバランスさせるかという交渉ゲームを行います。その過程で、各主体はどのような交渉ポジションを持つのか、それは何故なのかといったことについて議論し、一つの社会を構成する各主体の利害の衝突を通してエネルギー・環境問題を考えるために必要となる社会全体を俯瞰するための基本的な考え方や必要となる哲学について共に学ぶことを目指します。

  節電への対応では、多くの人々の行動を変えたり、これまでとは異なる意思決定を促したりすることが求められます。このような大きな社会的変化を起こすためには、エネルギー・環境問題の専門家として、どのような知識・能力が必要であるかを見つめ直す機会も必要です。


◆テーマ 「関西で考えるこれからの電力需給対策」

◆協賛  (一財)省エネルギーセンター、(一社)日本エネルギー学会、
        (独)科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター「停電予防連絡ネットワーク」運営事務局

日時  2012年8月9日(木)〜10日(金)

◆会場  大阪大学吹田キャンパス理工学図書館 ホール、会議・研修室、グループ学習室1・2・3
        (〒565-0871大阪府吹田市山田丘2-1)

◆交通  詳細

◆宿泊   ホテルクレストいばらき
        (〒567-0033 大阪府茨木市松ヶ本町1-18、TEL 072-620-2020)

◆概要  詳細 (「エネルギー・資源」2012年7月号にも掲載されています)

       幹事団集合写真

      コンファレンスでの行事報告発表(2013年1月)


◆プログラム
 【8月9日(木)】 (10:00受付開始、10:30開始)

(1)オリエンテーション
  冒頭に、本ワークショップのオリエンテーションを行いました。

    「サマーワークショップ2012のねらい」
        国立環境研究所 社会環境システム研究センター 主任研究員 藤野 純一

(2) 幹事団による概要説明

(3)講演
  1)「関西の電力需給の状況と節電の必要性」 (配布資料
        大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専攻 教授 下田 吉之 氏

  2) 「2011年東日本の節電を振り返る」 (配布資料
        一般財団法人 電力中央研究所 社会経済研究所 主任研究員 西尾 健一郎 氏

  3)「停電予防連絡ネットワーク 概要と効果について」
        科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター 研究員 木村 道徳 氏

(4)分科会;節電に関わるステークホルダーの分析
  交渉ロールプレイのステークホルダーごとのグループに分かれて、分析を行いました。


(5)技術交流会 (於:職員会館「さわらび」)
  学内の食堂にて立食形式で行いました。
  終了後、JR茨木駅近辺へ移動し、引き続き 交流・意見交換を図りました。
   (自由参加)


 【8月10日(金)】 (9:00開始)

(6)交渉ロールプレイの説明、グループごとの準備

(7)交渉ロールプレイ・ゲーム
 2会場に分かれて、各ステークホルダーチームで交渉に当たっていただきます。


(8)総合ディスカッション、全体報告・総括


(9)サマーワークショップ2012の幹事団
  ○代表幹事:藤野 純一 (国立環境研究所)
  ○幹   事:芦名 秀一 (国立環境研究所)
          井原 智彦 (東京大学)
          加藤 丈佳 (名古屋大学)
          黒沢 厚志 (エネルギー総合工学研究所)
          小杉 隆信 (立命館大学)
          下田 吉之 (大阪大学)
          杉山 昌広 (電力中央研究所)
          藤澤  星 (フジサワ)
          古林 敬顕 (東北大学)
          山口 容平 (大阪大学)
          吉田 好邦 (東京大学)
          渡邊裕美子 (東京大学)
  ○特別幹事:井上 智弘 (科学技術振興機構)
          村山 麻衣 (国立環境研究所)
  ○世 話 人 :松橋 隆治 (東京大学)

summer_indexに戻る


 


  

Get Acrobat Reader 詳細ページはPDFです。
PDFを閲覧・印刷するには、
Adobe Acrobat Reader が必要です。
ダウンロードはこちらから(無償)


このページのトップへ

Copyright(c) Japan Society of Energy and Resources. All Rights Reserved.