エネルギー・資源学会
サイト内キーワード検索
トップページ サイトマップ Eメール お問い合わせ

エネルギー・資源学会とは
学会紹介English
会長からのメッセージ
定 款
社員総会
学会組織
事務局所在地
お問い合わせ
行事案内・研究発表会論文募集
行事案内
研究発表会・コンファレンス
研究発表申込

(テンプレートダウンロード)
会誌「エネルギー・資源」
最新号目次
会誌本文(会員限定)
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
電子ジャーナル「エネルギー・資源学会論文誌」
論文目次・内容
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
各種申込
会員入会申込
行事申込
メールニュース(無料)

ID/Password配信申込

学会活動
行事報告
研究発表会・コンファレンス
サマーワークショップ
研究プロジェクト
各賞表彰制度
過去の行事一覧
会誌「エネルギー・資源」
総目次
刊行物のご案内
関連機関
リンク/各種募集
 
著作権・複写権について
 
個人情報取扱いについて
 オータムワークショップ2018
「私たちのエネルギーシステムをどのようにデザインするか」


〔開催趣旨〕

 気候変動対策や原子力発電に関する議論など、エネルギーシステムに関する社会的関心は高まっています。エネルギーの供給者はもちろん、消費者も環境性や安全性など“エネルギーの質”を考慮するようになりました。しかし、供給者や消費者がエネルギーに求める質は、立場や考え方によって大きく異なります。それぞれの多様な選好を踏まえて、社会全体として合意できるエネルギーシステムを構築することが求められています。
  エネルギーシステムの中でも、特に電力システムは、石炭火力発電所新設の認可や原子力発電所再稼働の議論、再生可能エネルギー発電導入による系統安定性に関する議論を通して、消費者が“電力の質”を考える機会が高まっている分野といえます。加えて、2016年4月の電力市場完全自由化により、消費者が考える“質”が、市場原理を通じて間接的に、電力供給システムにも影響を与える土台が整いました。
  本ワークショップでは、電源選択ゲーム、関連する講演、および、参加者同士の活発な議論を通じて、エネルギーシステムのステークホルダー間の考え方の違いや合意形成の方法論について学ぶことを目指します。ワークショップの前半は、参加者による研究紹介や所属企業の紹介の場を設け、参加者間の交流を促進します。参加者の研究分野や所属企業の事業分野について相互に勉強、理解することにより、参加者それぞれの視野を大きく広げることを目指します。多様なバックグラウンドをお持ちの方々のご参加を、お待ちしております。

〔テーマ〕 「私たちのエネルギーシステムをどのようにデザインするか」
 
〔主 催〕 エネルギー・資源学会
〔協 賛〕(予定) 環境経済・政策学会、省エネルギーセンター、電気学会東京支部、日本エネルギー学会、空気調和・衛生工学会

〔開催日〕 平成30年10月27日(土)10時開始〜17時終了
〔会 場〕 東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)(予定)
〔申込方法〕
こちらからお申し込み下さい。
  ※参加者相互の交流促進のため、自己紹介シートも併せて送付下さい。
   送付先:学会事務局 (E-mail
〔参加費〕
(消費税込)

<オータムワークショップ>
 
*正会員・特別会員・共催/協賛団体会員
2,000円
*学生会員
1,000円
*非会員
3,000円

<技術交流会>
*正会員・特別会員・共催/協賛団体会員
3,000円
*学生会員
1,000円
*非会員
3,000円

  ◆参加費は開催日の前日までに下記の指定口座にお振込み下さい(振込み手数料はご負担願います)。
〔支払方法〕 (1)銀行振込 りそな銀行御堂筋支店 (普)No.1024046
  (2)郵便振替 00930-5-302948
〔申込締切〕 10月19日(金) (参加状況に応じて、申込締切以降も受付可能)
〔ワークショップ概要〕

 本ワークショップは、「参加者の研究・企業紹介」「グループワーク」「パネルディスカッション」の3つに分けられます。「参加者の研究・企業紹介」では、参加者が事前に作成した自己紹介シートを活用して、参加者が現在取り組んでいる研究や所属企業の業務等を紹介しあい、午後のワーク、ディスカッションに向けて参加者間の交流を促進します。「グループワーク」では、「電源選択ゲーム」を活用したアクティブラーニングを通して、電源システムに関わるステークホルダー間の考え方の違いや合意形成の方法論について学びます。このゲームは、幹事の一人である筑波大学鈴木研悟氏が開発したものであり、関連する研究テーマの発表は、本会の第4回茅賞を受賞しています。「パネルディスカッション」では、パネリストからの情報提供によりワークショップテーマに関する情報・知識のインプットを行うとともに、パネリストを含めた参加者全員参加のディスカッションを通してワークショップテーマの本質に迫ります。全体を通して学生・社会人が一緒になって行動・議論しますが、基本的に立場の上下はありませんので、学生も自発・積極的に発言することが求められます。

〔スケジュール〕
9:30 受付開始(東京理科大学 野田キャンパス)
10:00〜10:10

「オータムワークショップ2018のねらい」
(国立環境研究所/地球環境戦略研究機関 藤野 純一)
10:10〜10:30 ワークショップ概要説明(幹事団)
10:30〜12:00

参加者による研究紹介や所属企業の紹介(自己紹介シートを活用)
12:00〜13:00 昼食
13:00〜14:20 ワーク(電源選択ゲーム)
14:30〜15:00 ワーク振り返り
15:00〜16:30









パネルディスカッション「電力システムの合意形成(仮)」
         石田裕之氏(経済産業省)
「エネルギー基本計画を例に(仮)」
         三上直之氏(北大)
「ボトムアップのコミュニケーションについて(仮)」
         永井雄宇氏(電中研)
「送電線空き容量問題を例に(仮)」
         モデレーター 渡邊裕美子氏(Looop)


16:30〜17:00 全体振り返り
17:00〜19:00 技術交流会(検討中、司会:小澤暁人(産総研))

〔代表幹事〕 藤野 純一(地球環境戦略研究機関/国立環境研究所)
〔幹 事〕 井上 智弘(科学技術振興機構)、井上 麻衣(リバネス)、
小澤 暁人 (産業技術総合研究所)、白木 裕斗(滋賀県立大学)、
杉山 昌広(東京大学)、鈴木 研悟(筑波大学)、 永井 雄宇
(電力中央研究所)、藤澤 星(フジサワ)、 古林 敬顕(東北大学)、
山口 容平(大阪大学)、渡邊 裕美子(Looop)
〔世話人〕 松橋 隆治(東京大学)
〔問合せ先〕 *ワークショップ詳細:産業技術総合研究所 小澤 暁人
          (E-mail:akito.ozawa[at]aist.go.jp) ※[at]→@)
*その他:学会事務局 (E-mail

このページのトップへ

Copyright(c) Japan Society of Energy and Resources. All Rights Reserved.